1

「吾妻橋薮そば」キリリと締まった蕎麦を手繰って初夏を感じる


吾妻橋薮そば-外観本日は「吾妻橋薮そば」さんにお邪魔してきました。場所は都営浅草線浅草駅を下車して駒形橋を渡ったところにあります。徒歩で5分ぐらいです。
開店5分前に到着して写真を撮っていると、中から女将さんがあらわれて開店時間前でしたが中に入れてくれました。

吾妻橋薮そば-メニューメニューを見て「もりそば(小)」と「もりそば(中)」とで迷いましたが、今回は「もりそば(小)700円」にしました。

吾妻橋薮そば-内観内観はモダンな感じでクラシックが流れ落ち着きます。お水を頂きながら待つ事5分ほどで、お蕎麦が運ばれてきました。

吾妻橋薮そば-もりそば(小)それでは早速頂きます!

吾妻橋薮そば-蕎麦まずはお蕎麦だけで頂きます。あっこのお蕎麦好きです。冷水でキリリと締まっていてコシがあり噛むと蕎麦の香りが鼻腔をくすぐります。

吾妻橋薮そば-つゆ次につゆをつけて頂きます。藪の特徴でもある辛めのつゆです。他の藪と比べて醤油の風味が強く感じられます。そばを箸で持ち上げ1/3程度つけて食べたときのバランスが一番よかったと思います。そばの量もちょうどよかったです。

吾妻橋薮そば-蕎麦湯最後につゆを蕎麦湯で割って頂きます。蕎麦湯は白濁していていますが粘度は低め。蕎麦湯で割ることによって出汁の旨みと少しの酸味を感じました。つゆの蕎麦湯割りってなんでこんなにうまいんだろう?

蚊取り線香お会計を済ませ外にでると蚊取り線香が!夏の足音を感じつつ帰路につくのであった・・・

店名:吾妻橋薮そば
住所:東京都墨田区吾妻橋1-11-2
営業時間:11:30~16:00
定休:月曜日・火曜日
お会計:後会計


こじおちゃん

こじおちゃん

青森県出身、東京在住。食べ歩き、コーヒー、日本酒、柴犬、自転車、ラジオ好き。

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です