1

「ちよがみ」鰹だしの旨みが五臓六腑にしみわたる


ちよがみ-外観本日は2015年6月18日にオープンした「九段 斑鳩」のセカンドブランド「ちよがみ」さんにお邪魔してきました。場所は東京駅一番街の東京ラーメンストリート内にあります。前回お邪魔させて頂きました「東京駅 斑鳩」も同エリア内にあります。
開店11時に到着。すんなり入ることができましたが、その後、あっという間に行列ができていました。
食券を買い店員さんに渡し、待つ事6分ほどでラーメン登場です。

ちよがみ-東京駅醤油中華そば本日いただくラーメンは東京駅醤油中華そば(980円)です。
具材はチャーシュー、煮玉子、のり、ねぎ、水菜、真ん中にあるカラフルな物体(不明)です。それでは早速頂きます!

ちよがみ-麺麺は中細ちょいちじれ麺。すすりやすく食べやすい麺でした。
具材でとくに印象的だったのはチャーシューです。みりん?もしくは酒?の風味がよかったです。酒の肴に最高だと思います(ビールありましたよ!)
スープは口に含んだ瞬間、鰹節の風味と旨みがドドドーと押し寄せてきますが、飲み込んだ後はスーッと消えていきます。待ってセニョリータと言わんばかりに、またすぐに蓮華でスープをすくい飲む。すくい飲む、すくい飲む、すくい飲む。

ちよがみ-ごちそうさまあーあーもうなくなっちゃいました。残念。五臓六腑にしみわたる至極のスープ。ぜひ、ご賞味あれ!

店名:ちよがみ
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 B1F 東京ラーメンストリート内
営業時間:11:00~22:30(L.O.22:00)
定休:無休
お会計:食券、前会計


※斑鳩にピンがたっていますが正確には斑鳩とトナリの間にお店はあります。


こじおちゃん

こじおちゃん

青森県出身、東京在住。食べ歩き、コーヒー、日本酒、柴犬、自転車、ラジオ好き。

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です