0

「江戸っ子」活気あふれる下町のもつ焼き屋さん


江戸っこ酒飲みの聖地「立石」を訪れ、1軒目は「丸忠かまぼこ店」さん、2軒目はやっぱり立石といえば、もつ焼きを食べずには帰れないということで「江戸っ子」さんに、お邪魔してきました。もつ焼きとは一般的に、豚の内臓(モツ)を串に刺して焼いたものです。見た目は焼き鳥に近く、味付けも「タレ」もしくは「塩」で食べるのが一般的です。

平日の17時にも関わらずお店は満員で外には数人並んでいましたが運よく5分程度で席に着くことができました。

江戸っ子まずはハイボール(350円)とハイサワーレモン(380円)で乾杯!

江戸っ子煮込み(400円)モツ(豚の内臓)と豆腐、ネギ等が入っています。味噌仕立てでモツは柔らかく臭みが全くなく美味です!

江戸っ子マカロニサラダ(200円)安い!たまごが入っていてまろやかです。

江戸っ子なんこつ(360円)コリコリ食感がたまりません。

江戸っこレバーとカシラ(360円)。レバーは臭みがなく甘みがあり新鮮です。カシラはジューシーで肉汁がたまりません。

本日は軽くということで2軒でお開きとなりました。3人で2軒はしごしてお会計は6,000円ちょっと。ひとり2,000円で十分楽しめました!
さすが、酒飲みの聖地!お酒の好きな方はぜひ東京観光の際にはお立ち寄りください!

店名:江戸っ子
住所:東京都葛飾区立石7-1-9
営業時間:[月~土]16:30~21:00
定休:日曜日
お会計:後会計


こじおちゃん

こじおちゃん

青森県出身、東京在住。食べ歩き、コーヒー、日本酒、柴犬、自転車、ラジオ好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です