0

「両国国技館」大相撲観戦その3


両国国技館前回は両国国技館敷地内、エントランスでの見どころをご紹介させて頂きましたが今回は実際、観戦した感想、見どころなどをお伝えさせて頂きたいと思います。

マス席

マス席

今回は4人マスB席での観戦でした。

幕下幕下の取組からの観戦です。

写真過去の優勝者の写真が飾られています。現横綱の白鵬の写真がたくさん飾られていました。

取組幕内の取組は電光掲示板で確認できます。十両以下の取組はチケットと引き換えにもらえる「本日の取組表」で確認できます。

十両土俵入り十両の土俵入り

十両幕下と十両の取組を見て変化に気付きましたでしょうか?幕下の取組のときは行司が裸足だったのに対し、十両からは足袋を履いています。

幕内幕内の土俵入り。

横綱横綱の土俵入り。

ここからは幕内の取組が始まります。

幕内
幕内
懸賞人気力士にはスポンサーより懸賞金がでます。勝利をおさめた力士がもらえます。




横綱最後の一番 横綱 鶴竜 対 前頭 嘉風。懸賞もたくさん出ています。

気合が入っています。

勝敗の行方は?

横綱 鶴竜が負け、嘉風が勝利する大波乱!座布団が飛び交います。
横綱が格下の力士に負けると観客が自分が座っている座布団を土俵に向かって投げます。本当はいけませんが、これも相撲の醍醐味です。

弓取り式全取組が終わると弓取り式が始まります。

今回初めて大相撲を観戦しましたが、楽しいの一言につきます。相撲を観ながら食事(お弁当、焼き鳥)やお酒も楽しめますし、なんといっても相撲そのものが観ていて楽しいのです。
土俵際に追い詰められてからの逆転があったり、格下の力士や体格に恵まれない力士が勝ったり、何が起こるかわかりません!

東京観光の際にはぜひ大相撲観戦も検討してみてくださいね!

両国国技館
東京都墨田区横網1−3−28


こじおちゃん

こじおちゃん

青森県出身、東京在住。食べ歩き、コーヒー、日本酒、柴犬、自転車、ラジオ好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です