0

「カラシビ味噌らー麺 鬼金棒」辛くて痺れてうまい。不思議体験!


カラシビ味噌らー麺 鬼金棒外観今日は辛くて痺れてうまいと評判の「カラシビ味噌らー麺 鬼金棒」さんにお邪魔してきました。場所は神田駅より徒歩3、4分のところにあります。
オープン8分前の10時52分頃到着。お客さんは一人だけ並んでいましたがオープンと同時にどこからともなく人が集まってきて満員になりました。
特カラシビ味噌らー麺(1,000円)の食券を買い、店員さんに渡すと辛さを聞かれました。ここのお店は辛さ(唐辛子)5種類×痺れ(山椒)5種類の計25種類から辛さ痺れを選択できます。今回は初めてでしたので辛さ3痺れ3の普通にしました。
店内にある鬼のお面?を眺めつつ待つ事5、6分程でラーメン登場です。

カラシビ味噌らー麺 鬼金棒 特カラシビ味噌らー麺1具材は角煮のようなチャーシュー、味玉、ヤングコーン、にら、ねぎ、もやしです。それではいただきます!

カラシビ味噌らー麺 鬼金棒 特カラシビ味噌らー麺2スープは辛さがきた後に山椒のピリピリ感を感じ最後に味噌スープの旨みが訪れます。まさにスープの三段攻撃です。
麺は中太ストレート麺でスープの辛さにマッチしています。
具材はひとつひとつがしっかり丁寧に作りこまれていてチャーシューは箸で切れるほど柔らかく甘めの味付けが辛さを和らげてくれます。味玉もトロトロの半熟で味もしっかり入っていて痺れた舌を休ませてくれます。なんといっても一番の功労者は、もやしです。スープの辛さ痺れを最後まで寄り添って和らげてくれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAスープ・具材・麺のバランスが絶妙で本当においしいラーメンでした。辛さ、痺れが調整できるので辛いものや山椒が苦手な方は少な目にして食べてみてくださいね。

店名:カラシビ味噌らー麺 鬼金棒(他店舗はこちら
住所:東京都千代田区鍛冶町2-10-10
営業時間:[月~土・祝]11:00~21:30 [日]11:00~16:00
定休:年中無休
お会計:食券、前会計


こじおちゃん

こじおちゃん

青森県出身、東京在住。食べ歩き、コーヒー、日本酒、柴犬、自転車、ラジオ好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です